性行為後に豹変、「女の体なめんなよ」と脅迫か 100万円超を恐喝容疑で女を逮捕

2021年7月1日

2021.06.04のニュース記事

出会い系アプリで知り合い、合意の上で性行為をした男性に対し「どう責任取るんだ。警察に被害届を出す」などと現金を要求し、100万円以上を脅し取ったとして24歳の女が逮捕されました。

 恐喝の疑いで逮捕されたのは住居不定、職業不詳の小高優希容疑者(24)です。

 警察によりますと、小高容疑者は今年1月、名古屋市の男性(41)と合意のもとで性行為をした直後に、「警察官に被害届を出していいと言われているから今から出しに行く。どう責任取るんだ」と現金を要求し男性から100万円を脅し取り、その3日後にも男性を呼び出し「あんなんじゃ足りん。女の体なめんなよ。100万円」などと要求し、さらに14万7000円を脅し取った疑いがもたれています。

 警察の調べに対し小高容疑者は「脅し取ってない。相手が払うと言ったからもらっただけ」と容疑を否認しています。

 2人は、事件の直前に出会い系アプリで知り合ったとみられています。

 去年夏以降、愛知県と大阪府内では、出会い系アプリや飲食店で出会った男性が女から同様の手口で現金を脅し取られる事件が10件ほどあり、警察は小高容疑者が関与したとみて調べています。

性行為後に豹変、「女の体なめんなよ」と脅迫か 100万円超を恐喝容疑で女を逮捕 – Yahooニュース(メ~テレ)

恐喝事件で逮捕されているので正確には美人局でも詐欺事件でもないのですが、ある意味一人美人局みたいな事件に思えたので記事にしてみました。

被害の手口

①出会い系アプリで女と知り会う

②実際に会って合意の上で性行為をおこなう

③相手の女が態度を豹変させ「警察官に被害届を出しに行く」と脅す

④現金を脅し取られる

容疑者が関わっていると思われる類似の事件が起こっていたとのことなのでおそらくやり慣れていた手口だったんでしょうね。

現在の社会では、女性が警察に性犯罪被害を届け出れば真偽は別としてまず相手の男性は疑われてしまいますが、逆はほぼないと思いますので女性ならではの手口といえます。

自分が性犯罪者にされてしまう可能性を考えたらお金を払ってしまうのも仕方ないのかもしれません。

実際のところ、容疑者は出会い系アプリで相手と会ってから恐喝を思いついたわけではなく、最初からお金を脅し取るつもりで会っているのですからある意味相手を騙していたわけですよね。

警察に届け出るなんて言っても本気で届けようとは思っていないでしょうし。(本当に届け出たら同じ手口が使えなくなる)

出会い系アプリ(マッチングアプリ)は他にもいろいろ犯罪に利用されているので、異性と出会えるという期待感ばかり持たず騙されないように気を付けなければなりませんね。