「風俗店」の客引き、実は詐欺集団 池袋で相次ぐ被害

2021年7月1日

2021.04.28のニュース記事

東京有数の歓楽街・池袋の路上で、無店舗型風俗店の客引きを装って男性に声をかけ、現金をだまし取ったとして、警視庁は男6人を詐欺容疑で逮捕し、28日発表した。風俗店の営業実態はなく、男性をホテルに案内しながら料金を受け取り、そのまま逃げていたという。逮捕されたのは、住所不定の無職石川龍馬(31)、東京都豊島区池袋本町4丁目の無職伊東佑典(32)の両容疑者ら、20~30代の6人。  池袋署によると、池袋では数年前から同様の被害が相次いでいる。  昨年1年間だけで署には約200件の相談があり、被害額は計約5500万円に上っていた。「女優が在籍している」「女性の安全のため」などと言われ、保証料やキャンセル料の名目で数百万円を詐取された男性もいた。署は6人との関係を調べている。  6人の逮捕容疑は、2月27日夜に豊島区池袋1丁目の路上で20代の男性3人に「女の子とホテルに行けます」と声をかけ、現金計約9万6千円をだまし取ったというもの。

「風俗店」の客引き、実は詐欺集団 池袋で相次ぐ被害 – 朝日新聞

現在も風俗店の客引きがいたことにちょっと驚きますが、客をホテルに案内してそのまま金だけ受け取って逃げるなんてのは初めて聞きましたね。

数年前から被害があったとのこと。

3人相手に96,000円なら1人当たり「32,000円」の料金になりますが、自分でお店を探すのではなくいきなり声かけられて32,000円出すのも高いような気もします。

別の男性は保証金・キャンセル料で数百万詐取されたとありますが、客引きが言う「女優」という言葉を信じてしまったんですかね。

よほど客引きの口が上手かったのか。

手口が気になったので少し調べてみたところ、ネットにこのような書き込み(2020.12)があったので紹介させていただきます。

池袋キャッチ風俗詐欺被害に遭いました|詐欺被害撲滅|note

以下、詐欺の手口

①池袋西口風俗街で客引きに声を掛けられる。

②「店から紹介料をもらうため」と言われ、キャッチに3万円を支払う。

③ここで店の人間(と名乗る人物)に交代、ホテルの前まで行く。「最近は悪い客が多いので保証金(100万円)を預けてもらっている」と言われ、そんな金は持ってないと伝えると「じゃあ、どうせ返す金だからいい」と言われる。

④ホテルに入ったらここにかけてと電話番号を渡される。事前に指名していた女性の名前と部屋番号を店に伝える。

⑤全く見た目の違う女性が現れる。女性からは「女性(風俗嬢)以外の人間にお金を支払うことはない、おかしい」と言われ女性が店に電話。「一旦ホテル外に出て女性(風俗嬢)の分だけでも支払ってほしい」と言われる。

※なぜか女性がもう一人おり、二人分を支払わせられる。

⑥店のトラブル担当者に引き渡され「キャッチはしていないのにお客さんのせいでうちの店が疑われる。今日はもう営業できないので営業妨害だ、示談金を払え」と言われる。

⑦結局、合計で「100万円」を支払わせられる。

非常に詳しく手口を書かれておりますが、予防対策も書かれています。

  • まず、客引きが直接店を案内するのは違法(無料案内所への紹介のみ)。
  • 客引きが料金を受け取ることはない。
  • 風俗で保証金はない。

ニュース記事ではあまりわかりませんでしたが、女性も含めたもっと組織的な手口だったようです。

また、口止めの手口として「あなたは買春だから警察に相談したらあなたも犯罪に問われる」という内容の脅し文句を言われるとのこと。おそらく違法な内容を伴う言葉で勧誘していたのではないかと推測されます。

※追記:今回の事件の容疑者は2018年にも新宿で同様の事件を起こしていたようです。

2018.09.06のニュース記事

警視庁新宿署は4日、風俗店の違約金と称し、地方から来た観光客から現金127万円をだまし取った詐欺容疑で、東京都東久留米市の風俗店従業員、波多野幸大容疑者(35)と埼玉県川越市のアルバイト石川龍馬容疑者(28)を逮捕した。最近、複数の人間が地方から来た観光客をターゲットに金をだまし取る“劇場型犯罪”が東京・歌舞伎町周辺で多発。同様の事件ではアイドルグループ「ももいろクローバーZ」の名前を使う手口もあった。

「風俗店の違約金」の名目で127万だまし取る “劇場型詐欺”の悪質手口 – 東スポ

「AV女優」や「未成年」という言葉を使用して勧誘していたとのことで今回の事件と手口はほぼ同様、被害者に対する口止めの手口は「未成年との淫行目的が犯罪に問われる」ということだったようです。