「国際ロマンス詐欺」か 590万円だまし取った疑い3人送検

2021年7月1日

2021.04.22のニュース記事

外国人が相手に恋愛感情を抱かせて金をだまし取る、いわゆる「国際ロマンス詐欺」とみられる手口で、新潟県の50代の女性から現金590万円をだまし取った疑いなどで、カメルーン人の男女3人が22日、送検されました。
3人は容疑を否認しているということです。送検されたのはいずれもカメルーン人で、神戸市兵庫区の会社員エコゲ・リョネ・エサンベ容疑者(31)と、26歳の妻、それに知人で大阪市西成区に住む28歳の会社員の合わせて3人です。
警察によりますと去年8月、新潟県に住む50代の女性が、SNSを通じて知り合った、中東に住むアメリカ人医師を名乗る人物から結婚してほしいなどとと言われたあと、「現金50万ドルを送るので受け取ってほしい」と頼まれました。
その後、運送会社を名乗る人物から「現金を運ぶために中国運輸省への承認料がかかる」などと連絡があり、女性は5回にわたって現金1770万円余りを複数の口座に振り込んだということです。
不審に思った女性が新潟県の警察に相談したことで被害が発覚し、口座からエコゲ容疑者が590万円を引き出したことが分かったということです。
口座は夫婦のものが使われていましたが、知人の会社員の口座にも別に多額の現金が振り込まれていることも分かったということです。
調べに対して、エコゲ容疑者は「詐欺をしたつもりはない。金は知らないアフリカ人に渡した」と供述するなど、3人は容疑を否認しているということです。
警察は、交際や結婚をほのめかし恋愛感情を抱かせて、現金をだまし取る「国際ロマンス詐欺」の被害が後を絶たないことから、「会ったことのない外国人から現金の入った荷物を受け取ってほしいなどと頼まれたら、まずは詐欺を疑ってほしい」と呼びかけています。

“国際ロマンス詐欺”か 590万円だまし取った疑い3人送検|NHK 兵庫県のニュース

「国際ロマンス詐欺」というのはけっこう前から聞く手口で、海外に住む「外国人による結婚詐欺・恋愛詐欺」みたいなものですね。

今回の事件では国内に住んでいる外国人グループが海外に住んでいる架空の人物になりすましていたようです。

本文にも書かれていますが、会ったことのない人間に対して大金を送るなんて当然すべきではないですよね。

それでも送らせてしまうところが恋愛詐欺の怖さでもありますが。犯人が捕まって良かったです。