無登録で出資募る 東京・赤坂の投資会社を家宅捜索

2021年5月24日

2010.2月のニュース記事

無登録で出資を募ったとして、警視庁生活経済課は金融商品取引法違反(無登録)の疑いで、東京都港区赤坂の投資会社「ベストパートナー」の本社など計4カ所を家宅捜索した。

警視庁は、同社が前身の「グローバル・パートナー」社だった平成16年ごろから少なくとも数億円を集めたとみている。

同社は電話や自宅訪問で「今はファンドの時代です。元金は完全に保証しているので、銀行に預ける感覚です」などと勧誘。

穀物やガソリン、金などへの投資をうたって出資を募っていたという。

かなり以前のニュース記事になりますが、投資会社「ペストパートナー」の投資詐欺について。

同社の前身である「グローバル・パートナー株式会社」に対して被害者は民事訴訟の勝訴判決を得ていました。

しかし、同社は損害賠償の支払いを行うことはなく同社の社長であるKは騙した顧客に対して借用書を書くなど何とか支払いを逃れようとしていたようです。

一方で同社の目ぼしい資産は既にどこかへ移動されており、逃げの一手で同社は会社を「ペストパートナー」社へと変更しようとしていたところだったようです。

その後の経過は知りませんが被害者たちは被害金を回収できたのでしょうか。